サーチュイン遺伝子


サーチュイン遺伝子とは、免疫細胞の異常を抑制する「サーチュイン」という酵素を活性化させる遺伝子です。また、老化の原因となる活性酸素の発生をおさえることができる、とも言われています。サーチュイン遺伝子は、「長寿遺伝子」と呼ばれています

サーチュインサーチュイン遺伝子を働かせるには空腹を我慢し、「腹七分目」の食事をすることで働かせることができるようです。サーチュイン酵素を活性化させるには、空腹の時間をできるだけ長く保つ必要があり、間食をしないことや夕食を早い時間帯に食べたりすることが重要と言うことです。食事によるカロリー制限が必要になります。

食事以外に、運動でカロリーを消費することによっても、サーチュイン酵素を活性化することができるようです。つまりダイエットは、長寿につながるということでしょう。ただし、サーチュイン酵素を活性化できるのは、ダイエットに成功した人だけのようです。腹七分目の食事を保っていないければ活性化しませんから、ダイエットに失敗すると振り出しに戻ってしまいます。NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)でサーチュイン遺伝子に注目が集まることで、ダイエット用のサプリメントなどが開発されています。